セミナー2021.05.18

「経営戦略のためのパブリックアフェアーズ」について講演

 2021年4月28日、一般社団法人 日本パブリックアフェアーズ協会(東京都港区、代表理事:増田寛也)の理事である酒井光郎は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程2021年度1学期科目「ビジネスプロデュース論」の授業内で「戦略コミュニケーションズ」「経営戦略のためのパブリックアフェアーズ」について講演を行いました。

 本講演では、企業・サービスと社会との良い関係づくりに主眼をおいたコミュニケーション手法である「パブリックリレーションズ」と、社会的課題を起点とした“市場創造”を実現するルールメイキングの手法である「パブリックアフェアーズ」について、豊富な経験と実績を有する当協会理事酒井がお話させていただきました。

 前半ではパブリックリレーションズについて、後半ではパブリックアフェアーズの基本的な概念・理論を体系的にお話するとともに、より実践的な内容として、社会課題解決や市場創造に繋がった事例を紹介しました。事例考察では、参加学生からさまざまな切り口からの意見が出され、活発なディスカッションが行われました。

 当協会では、今後も、市民、学者、政治家、行政が参加するオープンな議論と政策検討の場を用意する「パブリックアフェアーズ活動」の概念普及を推進し、政府機関だけでは解決策を考察・実行することが困難な社会課題に対し、民間の活力と叡智を取り入れた解決策を提供していくための議論や研究を行っていきます。

 

 

PDFファイル ダウンロード

©JAPAN PUBLIC AFFAIRS ASSOCIATION Co.,Ltd. All rights reserved.